片思いの相手に好かれる話し方(同じ言葉を使う)

デート中の話し方や、メールで会話するときなどに知っておきたい技術を紹介します。
それは、相手と同じ言葉(単語・言葉遣い)を使うというものです。

相手の言葉をそのまま返すオウム返しのテクニックとも近いのですが、これは、テクニックと言うよりは気を付けることと言った方が良いかもしれません。

言葉遣いはそれぞれ環境によって違ってくるので、例がしっくり来ないかもしれませんが…
例えば、絆創膏。これは商品名などが一般化していて、バンドエイドやカットバンなどいろいろな呼び方で呼ばれています。
相手が、バンドエイドと呼んでいたら、あなたもそれに合わせると言うことです。

メールなどでも同じです。メールだとパソコンのことをPCと打ったりもしますよね。
他には、デニムやジーンズ、サイトやホームページなどもそうですね。

言葉遣いも同様です。相手がせっかく敬語をくずして話しかけてきたのに、あなたがずっと敬語で対応していたら、いつまでも距離が縮まりません。
メールでも、例えば相手の女性が顔文字を使ってきているのに、あなたが記号の1つも使わなかったら、女性につまらない奴と思われてしまうかもしれません。
メールの長さや返信の頻度なども、相手のペースに合わせた方がいいでしょう。

言葉遣いなどは、自然にだんだんと崩れていくものだとは思いますが、基本的には相手に合わせていれば問題ないでしょう。