手っ取り早く自信を付ける方法!拡張自我

例えば自分のルックスに自信が無いと、どうせ自分なんかと卑屈になり、余計に恋愛から遠ざかってしまいます。
何かしら自分に誇りやうぬぼれのようなものがあれば、堂々と振る舞うことができ、異性から見ても魅力的に見えるものです。

ルックスが特に良くないのに、モテる人や、すごく大人しいのに、なぜか人気者グループにいる人、逆に見た目はいいのにいつもひとりぼっちの人などがあなたの周りにもいるはずです。
その人の性格はもちろんですが、見た目よりも雰囲気などによる影響が大きいということです。

自信をつけるには、大きな仕事を成功させた経験や、頑張って勉強してきた知識や、トレーニングで培ったプロポーションなどがあります。正直、どれも一朝一夕に手に入るものではありません。

ここでは、手っ取り早く自信を手に入れる最も簡単な方法をお伝えします。
その方法は、「自分の持ち物のランクを上げる」というものです。

例えば、ユニクロの服しか持っていなかったのを、BEAMSやSHIPS、ユナイテッドアローズなどで買うようにしてみる。
(ユニクロの服がダサい、良くないと言うつもりはありません。買う理由がきちんとあるならむしろ問題ありません。)

腕時計を安価でもいいブランドのものに買い換える。他にも靴やカバン、手帳など、社会人ならネクタイやスーツもありますね。モンブランの万年筆も代表例です。女性では宝石などの装飾品もいいでしょう。

拡張自我と言い、人間は自分の持ち物も含めて自分自身と認識しています。大きなものでは、車や家、友人なども含まれます。
これはブランドをひけらかせという意味ではありません。もし、3枚980円などの下着を履いているのならもっとランクの高いものに変えてみて下さい。
例え誰に見られなくとも、それを自分が持っているということが大切なんです。
穴の空いた靴下しか持っていなかったら、自分は穴の空いた靴下がお似合いの人間なんだと思っているということです。

拡張自我は、広い意味では自身の行動も含まれます。
そいうった意味でも、募金することをおすすめします。1000円などの少額でも毎月引き落とされるようにすることで、仕事に対してのやりがいも不思議と増して自分に自信を持つこともできるのです。

堂々とした態度をとるのもいいですね。簡単なところでは、胸を張るというもの。
ついつい猫背になっていませんか?歩いているとき、できるだけ遠くを見るようにするだけで自然と背筋が伸びます。