大手銀行のお見合い事業者でステータスの高い良縁探し(30代女性)

Sさん 30代女性
三十になったら始めようと決めて、婚活をスタートしました。
私の場合、広告を出して募集している一般的なお見合い会社ではなく、大手M銀行が、当初は福利厚生の一環で始めたお見合い事業者に登録しました。

M銀行OBの親族か、本人が公認会計士、弁護士、また、国公立大出身者や三田会所属者で無くては登録出来ないので、登録者の経済的ステータスは高いです。

しかし、あくまで事業スタンスは、福利厚生と、M銀行の血族繁栄を狙っているだけで、利益収入を目的としていないため、割安です。
登録費用は二年間六万円。その後の紹介料は必要ありません。
婚活に大金をかけるのはどうか?という考えがあったので、私はこの事業者一本で満足しています。

一般的なお見合い会社と比べると、のんびりと雅な、古き良き仲介者といったイメージです。

アドバイザーも、インセンティブを狙って無理やり、紹介を勧めてくる雰囲気は無く、あくまでも良縁のために尽力してくれるので、マイペースな私には合っています。

お断りしても、無理に引き止められることも無く、また次の方を丁寧に紹介してくれます。
こうした隠れたお見合い事業者は、古い大手の会社には時々存在しているので、皆さんも登録出来る可能性が無いか是非一度チェックしてみて下さい。

しかし、お見合い結婚は、ある程度勢いも大事ですから、急いでいる方の場合は、どんどん紹介してくれる、体育会系なお見合い会社のほうが、合っているかもしれません。