デートで好きな人を退屈にさせない話題とは?

初めてのデート、何を話したらいいのかわからない…なんてことは良くあります。
相手が関心を寄せていることを話題にすれば、相手も話してくれますし、あなたの話も聞いてもらえます。

その関心を寄せていることとは、何でしょうか?もちろん、相手の趣味のことでもいいでしょう。
前もって相手の興味のあることを調べておけば、話題に困ることは無いでしょう。

そして、最も人間が興味を持っていることを話題にすれば完璧。
人が一番興味のあること、それは自分自身についてです。

ベンジャミン・ディズレーリ(ユダヤ人の19世紀イギリス首相)の名言に、次のようなものがあります。

「人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる」

人間誰しも、自分自身のことに興味があります。だから自分のことを話すのが好きです。
そのため、ついついあなたも自分のことばかり話してしまっていませんか?楽しいのはあなただけ。相手はうんざりしているかもしれません。

自分のことは置いておいて、目の前のデート相手のことを話しましょう。本当に相手に興味があれば、自然と質問が浮かんでくるはずです。相手が女性の場合は、話すのが好きな人が多いので聞いたらたくさん話してくれるでしょう。
子供の頃どんなだったか? 好きな食べ物について。 休みの日は何をしているかなど。話の流れによっては、次のデートに繋げられるかも知れません。誕生日の話なんかは、子供の頃の話にも繋げやすく、情報収集にもなりますね。

相手のことを聞いているのに話が続かない場合、質問の内容がよくないのかもしれません。
例えば、以前に付き合っていた人について。年収について。政治や宗教についてどう思っているか。というようなことは、避けた方が無難でしょう。
また、自分のプライベートに踏み込まれるのを、探られているようで嫌う人もいます。

あと気を付けないといけないのが、議論をしないようにすること。
相手の意見が間違えていると思っても、「そう思ってるんだね。」と聞いて、自分の意見と闘わせようとしないことです。
誤りを指摘する場合も、十分に気を付けなくてはなりません。